軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: もこもこな名無しさん 2019/07/02(火) 07:42:21.24

    太平洋戦争中に撃沈された旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」の船体が
    フィリピン沖の海底で発見されました。

    アメリカの調査チームの無人探査機が撮影した映像には、
    船体が鮮明に写っています。

    旧日本軍の重巡洋艦「摩耶」が見つかったのは、
    フィリピンのパラワン島沖のおよそ1850メートルの海底です。

    「摩耶」は、太平洋戦争末期の1944年10月、フィリピンへと迫る
    アメリカ軍を迎え撃つためレイテ島に向かいましたが、アメリカ海軍の
    潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没し、乗員336人が死亡しました。





    【旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」発見 フィリピン沖の海底で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: もこもこな名無しさん 2019/03/01(金)19:54:23

    ワイ「なんやこのクソ雑魚戦闘機にクソ無駄戦艦…」



     
    【ジッジ「零戦は強くてな~戦艦大和がな~」ぼく(6)「はえ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: もこもこな名無しさん 2019/02/01(金) 00:10:17.25

    no title




    【ロシア空軍 「アメリカ軍おったww1.5メートルまで近づいたろww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: もこもこな名無しさん 2019/01/25(金) 09:51:42.092 ID:Q3rvAsbj0

    敵機を遠くで発見したら、ぐわーっと回り込んでコッソリコッソリ接近して背後に着けて
    いきなり機銃を撃って撃墜するのがまず第一だったんだって




    【第二次世界大戦の頃の戦闘機の空戦の実態を知ってガッカリした・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: まとめくすな名無しさん 2018/10/29(月)22:44:43 ID:Nm0

    ワイが行った時は2階の歩兵用武器は展示してへんかったけど
    戦車や戦闘機は沢山あったわ

    90d29eae.jpg



    d6e44c66.jpg



    7571b827.jpg



    0689a2d5.jpg



    5a42c56b.jpg




     
    【『画像』 中国の軍事博物館、面白い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    22d4685f.jpg




    1: まとめくすな名無しさん 2018/08/14(火) 21:37:55.40

    こちらは太平洋戦争の旧日本軍の戦闘機です。
    山梨県鳴沢村の博物館で、幻とされる「隼」の復元がほぼ完了し、
    戦後73年を前に公開されています。 山梨県鳴沢村にある河口湖飛行館では、
    戦争の事実や歴史を実物の戦闘機などの展示を通して後世へ引き継ごうと、
    毎年8月に所蔵品を一般に公開しています。

    今年はおよそ5年前にイギリスの博物館から購入した太平洋戦争中の
    旧日本軍の戦闘機「隼」の復元作業がほぼ完了し、展示されています。
    「隼」は世界中に現存するものが極めて少ないとされ、博物館は歴史を忠実に再現しようと
    機体に当時と同じ塗装を施し、主翼の部分には金属と布を使用しました。

    「戦争を美化するために展示しているわけでない、当時の日本の最先端の技術を後世に残したい、
     日本独自のものもあるので見ていただきたい」(河口湖飛行館石居正至さん)。

    このほか通称、ゼロ戦と呼ばれる機体やエンジンなども展示されています。
    この展示は鳴沢村の河口湖飛行館で、今月いっぱい開かれています。

    8/14(火) 18:50配信 UTYテレビ山梨
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000005-utyv-l19



     
    【旧日本軍の幻の戦闘機「隼」復元し公開 ゼロ戦も展示 河口湖飛行館】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1: まとめくすな名無しさん 2018/05/10(木) 15:49:46.11

    椰子の木茂る南洋の島から京都嵐山、和歌山白浜と移り、
    いま英国にある旧日本軍の「九五式軽戦車」の里帰り計画が進んでいる。
    国内外の戦車マニアが手を結んだ計画のカギを握るのは「メイド・イン・ジャパン」の機械部品。
    英国人オーナーが探し求める約70年前の燃料ポンプだ。
    英国とポーランド、そして日本の関係者が「日本にならあるはず」と“夢のかけら”を探している。

    A氏は世界各地の知人友人の協力で部品を集め、走行の要となるエンジンも
    三菱製オリジナルの空冷ディーゼルを搭載。 ほぼ修復は完了したが、
    どうしても手に入らないのが燃料ポンプだった。

    戦車マニアで専門家でもあるポーランドの修復作業スタッフや小林氏らの調査によると、
    九五式軽戦車のエンジンに使われた燃料ポンプは、
    三菱製の2種と新潟鐵工所製、神戸製鋼所L5型-の4種類。
    当時、戦車兵や整備兵だった人たちが記念に持ち帰っている可能性があり、
    受け継いだ子孫が「何か分からないまま納屋にしまっていたりするのでは」という。

    また神戸製鋼所では戦後から昭和40(1965)年ごろまで続きの品番の「L6型」を量産。
    小林氏によると、戦時中の機械部品を戦後も製造し続けることはよくあるといい、
    機械としてはほぼ同一製品に近いとみられる。

    L6は船舶用ディーゼルエンジンの燃料ポンプとして量産されており、
    小林氏は「漁港の片隅にある古いエンジンにL6が付いている可能性もある。
    ぜひ情報を寄せてほしい」と話している。

    画像:エンジンの搭載を待つ九五式軽戦車。操行装置はオーバーホール完了している

    6d53519f.jpg


    産経ニュース
    https://www.sankei.com/west/news/180510/wst1805100040-n2.html



     
    【【旧軍】 いま英国にある旧日本軍の 「九五式軽戦車」 の里帰り計画が進んでいる】の続きを読む

    このページのトップヘ