1001:管理人もこもこキャット


  |┃
  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ…
  |┃         /  ::/:::\::  \
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \  人間の細胞は代謝により5年で全て入れ替わるというから
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |   10年前に初めて抱いたハイデマリーはその5年後に   
  |┃   ハァ… \    ` ⌒´    ,/   また管理人に処女を捧げたという事になって、またその   
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.   次の日にハイデマリーと身体を重ねると、10年前に
  |┃ 三   /              \  初めて抱いたハイデマリーの次の日のハイデマリー
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ の処女を管理人がもらったということになって、初めての
゙⊂二、,ノ──-‐'´|  ゚       ゚   .| l"  | えっちから五年後以降は毎日処女のハイデマリーを
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ  抱いているという理論が成立するんだけど、
  |┃三        |    (x)       |ヾ___ソ  マリーの記憶には10年前のえっちから毎日のえっちの
  |┃      /  \     /   l     記憶が確かに刻まれていて、それはもう人間の持ちうる
                            科学や英知など及びもつかないほどに時空も次元も
                            種も個も超えた二人の身体の奥底に共有する何かで
                            繋がっているんだけど、持ちうる語彙の全てを巡らせても
                            表現できないこの絆をあえて表現するのに「運命」という
                            使い古された言葉を選んだの